無料査定・お問い合わせ

新品・中古の天体望遠鏡を現金にて高額買取させて頂きます。

電話受付 10:00-18:00 土日祝定休※営業時間外は無料査定フォームにて365日24時間対応

天体望遠鏡の組立方法

天体望遠鏡の組立方法

天体望遠鏡の組立方法

天体望遠鏡は大きな物なので、購入したら組み立てを行う必要があります。通常は各部品ごとに単品の状態で販売されているので、どうしても組み立てを行わなければいけません。しかし、説明書に詳しく組み立て方が記載されていますし、比較的簡単に組み立てが可能なので、あまり工作などが得意ではないという人でも問題なく組み立てることができるでしょう。そのため、購入したらまず箱を開けて、部品と説明書の確認をしないといけません。

組み立て方法は簡単

説明書に従って組み立てを行えば、天体望遠鏡は簡単に組み立てることが可能です。通常は望遠鏡の本体と三脚をセットするだけになります。後は接続するためのアクセサリーを取り付ければ完成なのですが、小さなアクセサリー類の取り付けも必要になりますし、しっかりと固定するために、ネジを締め付ける作業なども必要になります。ネジを締めるための道具は通常付属品として備え付けられているので、新たに購入する必要はありません。

取り付ける順番は説明書にも記載されているので、順番通りに行えば、うまくいかないということはないでしょう。一例としては、三脚に微動ハンドルを取り付け、三脚がとじないように専用のトレイを接続します。さらにプレートフォルダーを取り付けて、天体望遠鏡の本体を接続できるようにするのです。本体部分は鏡筒とも呼ばれています。鏡筒を取り付けたら、観察しやすいようにファインダーやフリップミラーなどを取り付けて完成です。

最後に調整と確認を行う

一通り天体望遠鏡の組み立てが終わったら、最後に確認と調整を行いましょう。まずは調整を最初に行った方がよいでしょう。調整の方法も簡単で、基本的には三脚部分にガタはないか、鏡筒の向きは問題ないかという点だけになります。三脚のバランスが悪くなっていると、転倒などの事故につながる危険性もありますし、天体望遠鏡自体を壊してしまうことになる可能性もあるのです。基本的にネジで調整が可能です。

調整がうまくいかない場合には、設置している床の部分に問題がある可能性が高いので、置く場所を少しずらしてみるなどの対策が必要になります。鏡筒も基本的にはネジで調整を行うのですが、取り外しを行う必要はありません。設置したままネジを緩めて調整を行うこと可能です。このようにして調整を行ったら、ネジの締め忘れなどがないか最終確認を行いましょう。慌てて作業をすると、ネジの締め忘れなどがある可能背もあるので、きちんと確認しておくことが重要です。