無料査定・お問い合わせ

新品・中古の天体望遠鏡を現金にて高額買取させて頂きます。

電話受付 10:00-18:00 土日祝定休
※無料査定フォームからのお問合せは365日24時間受付

天体望遠鏡を高く売るコツ

赤道儀、鏡筒、レンズ、経緯台などのオプション品などもあれば査定UP

赤道儀、鏡筒、レンズ、経緯台などのオプション品などもあれば査定UP

天体望遠鏡を高く売るためのコツとしては、本体と付属品が揃っている状態であり、状態が良いということにあります。

本体や付属品の他にも、赤道儀やレンズ、鏡筒や経緯台といった別売品が揃っている査定額が上がるということはご存知でしょうか。

やはり、天体望遠鏡本体のみでも高く売れる可能性はありますが、天体望遠鏡本体を使いこなしている人やプロの方にとっては、オプション品などがある方が、後で買いそろえなくても済むというメリットが挙げられます。

オプション品がつくと、色々使用することが出来るのも強みですよね。もしも、天体望遠鏡を売られる際には、本体や本体ケースや付属品の他にもオプションも取っておくと良いでしょう。

天体望遠鏡を高く売るコツ オプション品

天体望遠鏡を高く売るコツ オプション品

天体望遠鏡を高く売るコツ オプション品

天体望遠鏡を高く売るコツ オプション品

アンティーク品は人気があるモデルなら高くで売れます

購入した当初は、よく使用していたモデルだけれど、最近では使用しなくなった古いタイプの天体望遠鏡はございませんか?

もし、お客様が使用されている天体望遠鏡の機種や購入年月日が年数が経っているので古いからと言って査定や買取諦める必要はありません

場合によっては、「アンティーク品」としてみなされ、天体望遠鏡が人気の高いタイプであれば高く売れる可能性があるからです。

むしろ、アンティークで人気のあるモデルだからこそ、高く売れます

その為、万が一、天体望遠鏡を使わないと言ってから捨ててしまうのはとても勿体ないことですので、キズや汚れがあれば、綺麗な状態にし、そのまま本体を入れるケースに格納しておきましょう。
以下の様にアンティーク品の付属品も使用感があっても残っていた方が思わぬ高価な査定額が付いたりしますので保管をオススメします。
アンティーク 取り扱い説明書

保管時に付属品を無くさない様に注意するのもポイント

付属品一式

保管時に付属品を無くさない様に注意するのもポイント

天体望遠鏡の付属品には、レッドポイントファインダーや屈折望遠鏡ファインダーや天体望遠鏡の接眼部でもあるムーングラスやアイピース、バーローレンズや天頂ミラーや地上観測用レンズなどが挙げられますが、細かい部品しやすいものです。

保管の際にうっかりなくしてしまわないようにするには、いくつかの注意事項があります。

まず、使用した後には、本体から付属品を外しておくようにし、それぞれのパーツ用の箱を作り、シールに製品名を書いて貼っておき、その都度、付属品が揃っているかどうかを確認するようにしましょう。

天体望遠鏡から取り外した付属品は、そのままポケットに入れたままにしたり、どこかに置いたままにしないように注意しましょう。
保管時は以下の様にレンズにカビが付かない様に定期的にメンテしたり保管方法に注意したりする事が高価買取に繋がる望遠鏡の保管のポイントです。
望遠鏡レンズ メンテ
防湿庫がありましたら防湿庫で保管しておく事もポイントです!
以前、当店の宅配買取であった事例なのですが、宅配で到着時に開封して検品しますと取扱説明書はビクセンで鏡筒がセレストロンだった事例があります。この買取の場合はお客様がたくさん天体望遠鏡をお持ちで間違えて保管+同梱してしまったとの事で後日、セレストロンの取扱説明書を送付して頂く形で収まりましたが、多数天体望遠鏡をお持ちのお客様はこの様な事が無い様に付属品の保管・同梱は気を付けておく事もポイントです!
保管参考

レンズ類も失くしやすいので、扱いに注意してください。
レンズ類

*細かいアイテムはツールボックスなどで保管されると管理しやすくなります。
ツールボックスでの管理

ツールボックスでの管理

天体望遠鏡を高く売るコツ

破損しない様に日頃から綺麗に組立、使用、掃除も高く売るポイント

破損しない様に日頃から綺麗に組立、使用、掃除も高く売るポイント

天体望遠鏡は元値が非常に高い商品ですので、同じ品を査定しても査定時の使用状況によって買取金額が大きく幅を持ってしまいます。
※以下の様にバランスウエイトの樹脂ツマミが欠け無いように注意して使用しましょう!
バランスウエイト樹脂ツマミ 欠け
※以下は1度折れてボンドで修復していたファインダーがまた折れた状態です。※下手にご自分でボンドなどで修復されますと汚くなりますので破損した場合はそのままにして売るのもポイントです。!
ファインダー 折れ
ファインダーの折れてる部分
ファインダーの折れてる部分 拡大
※以下の様に鏡筒などに埃がたくさん附着している場合は清掃してから売りましょう!
鏡筒 埃
査定額を少しでもアップさせるためには、日頃からのメンテナンス使用後の手入れ、保管状況などに気を配っておくことが重要です。使用するときには組み立ての作業がありますが、こちらも部品と部品を接続する際にすれ傷が発生したり、落下の危険も伴います、極力こういった事態を避けるためにも慎重に組み立てましょう。
以下、綺麗に組み立てた参考
綺麗に組立 参考
以下の様に破損しやすい部分は特に丁寧に取り扱いしましょう!
破損しやすい部分
また、使用後は分解し部品ごとにクリーニングクロスなどで拭き上げてから袋にひとまとめにし、直射日光の当たらない風通しの良いところで保管するのが良いでしょう。
元箱や本体に落書きなどがある場合は査定が落ちますので注意しましょう!以下は元箱にやたら大きくマジックで「天体望遠鏡」と記載があった事例です。
元箱 落書き

*リモコン類も汚れやすいので、査定に出す前にお掃除をお願いします。
リモコン

※経緯台にヤケがついたり、ファインダーにつくОリング(ゴム輪)が切れたり。、ファインダーにОリング(ゴム輪)の跡がついたりしないようにすることもポイント!

※高額で購入しても普段の保管状態が悪いと、査定の際に評価が非常に低くなりますのでご注意ください。
保管状態 よくない例1

保管状態 よくない例2

*多少の傷であれば特に査定に響くことがありません。
天体望遠鏡 多少の傷

*サビが出るような状況での外は査定評価を下げる原因となりますのでご注意ください。
保管状況 錆が出る

*鏡筒本体に傷がある場合は、減点ポイントになりますので、日ごろから丁寧に取り扱うことが大切です。
鏡筒本体 傷 減点ポイント

使用後はそのまま保管するより分解して保管するのもポイント

使用後はそのまま保管するより分解して保管するのもポイント

使用後、天体望遠鏡を布などで簡単に覆い、そのままの状態で保管する人もいますが、倒してしまい思わぬトラブルを被る危険性があるので、できるだけ部品ごとに細かく分解しなどに入れひとまとめにして保管しておくのがオススメです。

少し面倒ではありますが、使用するたびに組み立てて、使用後は分解して収納しておくという習慣をつけるのが良いでしょう。
天体望遠鏡 分解

また、使用後に分解して保管する際ですが、直射日光が当たってしまっては本体の早期劣化に繋がってしまいますので、直射日光が当たる場所での保管は極力避けてください。

できれば風通しの良い気温変化が少ない場所が理想的です。
以下の様に収納ケースが付いている望遠鏡はしっかりと収納ケースに入れて保管する事もポイントです!
収納ケース

収納ケース 中身

*カビの発生を抑えるため乾燥剤を入れて保管する方法もあります。
鏡筒 保管

保管状態の良いもの

*通気性の良い保管用のケースなどに入れて保管する方法もあります。
保管用のケース

*鏡筒を長期保管する場合は、レンズのカビが生えない様にレンズカバーなどに保護材を入れておく事もポイント!
レンズカバー 除湿剤

宅配買取の送料が安くなる様に望遠鏡を分解してコンパクトに梱包するのもポイント

宅配買取の送料が安くなる様に望遠鏡を分解してコンパクトに梱包するのもポイント

*内容物に対して段ボール大きすぎると、その分余計に送料がかかりますのでコンパクトに梱包するようお願いします。
大きすぎるダンボール 余分に送料が掛かる 注意

発送料を安く抑えていただけるとそれだけ買取金額をアップさせてお客様に還元することができます!

望遠鏡のように、完成形だと大きく幅をとってしまうお荷物は、そのまま宅配業者に集荷をお願いしてしまうと、大きな送料を請求されてしまいます。ですので、分解できる部品・部分極力分解の上、発送してください。
コンパクト梱包参考
望遠鏡 コンパクト梱包
三脚梱包参考
三脚梱包参考
三脚梱包参考2
大きな望遠鏡で三脚+本体を無理やり1つにまとめて梱包しようとすると配送時に擦れたりして破損の原因になりますのでその様な場合は以下の様に分けて梱包+配送もポイントです。
分割梱包 参考
大型の天体望遠鏡の梱包は特に破損しやすいので以下の様にしっかりと梱包する事も破損を防いで高く売るコツです。
大型天体望遠鏡 梱包参考
それに分解してからの集荷は、発送の際の破損防止にもつながります。

三脚を伸ばしたまま、本体と三脚を接続したまま、小さな部品をつないだまま、このような状態で発送してしまうと、配送の途中で破損してしまうことが十分考えられます。
また配送されましたら当店で望遠鏡の検品をスムーズにする為に段取りをしますのでお手数ですが以下の様に、望遠鏡を配送したとご一報お願い致します。
配送完了メール
買取金額アップにも直結するお話ですので、皆様のご理解とご協力をよろしくお願い致します。

天体観測シーズンの冬場などが高く売るタイミング 

 

冬場は天体観測にぴったりなシーズンですよね!ですので、冬はシーズン的にお客様から買取した望遠鏡が、また違うお客様手に渡りやすい時期だと言えます。

買取額には、本体の状態やその品物の人気などが影響を及ぼしますが、そのほかにも季節や売却のタイミングでも買取金額は大きく変わってきます。

冬場天体観測を始める人が多いシーズンですので、その分他のシーズンに比べると需要があります

ゆえに弊社も積極的に望遠鏡の買取に力を入れるため、その分高価買取をさせていただいております!

このように望遠鏡の売却をお考えのお客様はぜひ冬場にご検討ください!いつでもご相談お待ちしております。

何個かある場合は単品より数個まとめて売るのが高く売るコツ

例えば、最近使わなくなったもの(査定してみたいもの)が見つかった場合、お電話の前に他にも何か使っていないものがないかご確認ください。

ジャンルは問いません、一点でも多くのお品物をまとめて査定に出していただけると、こちらも買取金額をアップさせていただきますので、ぜひまとめてお売り下さい!

宅配買取サービスの場合は、どうしても送料が発生してしまいます(送料は弊社負担です)ので、一度にまとめて多くのお品物を送っていただけると、送料の節約につながります。

もちろんこれは買取金額に上乗せ還元させていただきますので、まとめてご発送下さいますよう、ご協力をよろしくお願い致します。
点数が多い場合は以下の様にリストを査定フォームもしくはFAXなどで送信して頂く事も査定がスムーズになり高く売るコツです。
天体望遠鏡 多数リスト
査定フォームに1個1個画像を添付されるよりも以下の様に連結画像を作成して添付する事もポイントです!
望遠鏡関連 連結画像

*リストに必要な項目は「メーカー」「製品名」「型式」「数量」「特記事項(購入時期や不具合など記載)」
買取品リスト

*まとめて査定に出す際は、全体の個数が分かるように画像を撮影ください。
査定依頼品全体

*全体を撮影後、個別の画像を撮影していただくと査定がスムーズになります。
個別にコンディションを撮影

*メールで査定依頼を行う場合も、商品ごとに分かりやすいように記載していただければ非常に助かります。
メール査定 商品毎 わかりやすいように 記載

その他、天体望遠鏡を高く売るコツ

以下の様にほぼ新品に近い状態ですと天体望遠鏡を高くで売る事が出来ます!
ほぼ新品に近い状態
夏場の日中の山間部などでの夕暮れ時の天体観測の際は、ブヨや蚊などに刺されてつい望遠鏡を雑に扱ってしまいがちですので、ブヨや蚊などに刺されないように以下の様に「スキンガード」や「ノーマット」などのスプレーを使う様にして自然体で丁寧に望遠鏡を扱う様にする事も隠れたポイントです!
スキンガード ノーマット

*未使用品・未開封品は封を開封せずにそのままの状態で、査定をお申込みください。
未使用品・未開封品

未使用品・未開封品

*ロゴや型式がはっきりと見えるきれいなものは査定評価が高くなります。
天体望遠鏡 ロゴ 型式

*ケース内にゴミが散らばっていたり整理されておらずにゴチャゴチャだと減点ポイントになりますのでご注意ください。(配送中に商品のぶつかり合い破損する可能性もあります)
ケース内のゴミ 内容物 ごちゃごちゃ 減点ポイント

*ミード製のオートスターなどあれば、買取金額が高くなります。正常に使用できるもので、使用していないものがあれば、ぜひ、弊社にご連絡いただければと思います!
ミード製のオートスター

*天体望遠鏡の中にはアンティークとしての価値を持つものもありますので、天体望遠鏡の買取専門店である弊社にお任せいただければ、可能な限り高額での買い取りをいたします!
天体望遠鏡 アンティーク 買取依頼

査定が上がるカスタム(改造)参考例
・後方排気仕様に改造(単三4本排気量可変式。取り外し可能)
・重量級の為、架台と鏡筒にそれぞれ取っ手を取り付け
・質の悪い塗装を削り落とし、下塗り2液サーフェーサー・上塗り剤+高級クリア2コート仕上げ。など
カスタム(改造)参考例

*別売りのガイドブックや参考書などもお付け頂くと査定UP!
別売のガイドブック 参考書 査定