無料査定・お問い合わせ

新品・中古の天体望遠鏡を現金にて高額買取させて頂きます。

電話受付 10:00-18:00 土日祝定休※営業時間外は無料査定フォームにて365日24時間対応

天体観測について

天体観測について

天体観測

天体観測というととても専門的で、すぐに始めることはできないと思う人も多いかもしれません。

本格的な観測を行なってデータを収集するためには専門的な知識や技術が必要かもしれませんが、気軽に夜空をウォッチングするという感覚なら、天体望遠鏡を購入してすぐにでも始めることができるでしょう。

天体観測に興味を持つ理由として、自分の誕生した星座を自分の目で見てみたいとか、土星が本当にこんな形をしているのか確かめて見たい、というちょっとしたきっかけからかもしれません。

このような純粋な動機から天体観測に関心を持った場合、天体望遠鏡を購入して観測してみることによって、これからの人生が変わる場合もあるでしょうね。

まず天体観測をするには肉眼で夜空を見上げて、星座を確認することから始められます。

星座早見盤を準備すれば、日付や時刻を合わせることによってその時間に見ることができる夜空を確認することができるようになっています。

まず望遠鏡を購入する前に星座早見盤を準備することによって、空の星を確認することができるでしょう。

実際に天体観測を行なうためには、双眼鏡か天体望遠鏡が必要になります。

天体観測の対象にも惑星や星座、星団、変光星など様々ありますが、天体をじっくり楽しむためには天体望遠鏡が望ましいかと思われます。

観測する前にはいつ頃の時期に何が見えるのか、何時ごろ何処でよく見えるのかなど、きちんとチェックしておく必要があるでしょう。

観測するためには時間が長くかかったり、天気によりよく見えなかったりするので、前持ったリサーチがとても大切になってきます。

天体望遠鏡を購入した場合には、まず説明書に従ってきちんと組み立てる必要があります。

バランスや鏡筒を調整して、クランプを閉めて鏡筒がずれたりしないように気をつけましょう。

景色が遠くまで見えるような場所に天体望遠鏡を設置して、移動する場合には衝撃を与えないように注意しましょう。

ファインダーに目標物を入れることになりますが、この時にまず目標物を決めてからクランプを緩めて、もう一度バランス調整を確認しましょう。

調整してからファインダーを覗いて見て、目標物が中心に来ているかどうかを確かめます。

このように安定した天体観測ができるように、きちんとセッティングしてから望みの天体を思い切り観測できるようにしましょう。

何故、天体観測にはまるのか?

何故、天体観測にはまるのか?

空気の良い地域に旅行に行った時に夜空を見上げてみると、今にも降ってきそうな星に魅了されたことはありませんか?

都会では星が見えなくなったという声も聞きますが、都会のネオンにより夜も明るくて見えにくくなっていますが、夜空を見上げる気持ちの余裕がないことも理由かもしれません。

都会に住んでいた人が出張や旅行がきっかけで田舎の夜空を見上げたら、天体観測関心を持つようになるのではと思います。

私達が住んでいる地球ではなく他の惑星や星を見ることで、測り知ることのできないほど宇宙の広大さを感じて、自分の存在は小さいものなんだなと改めて感じさせられたりもします。

また自分の悩みや葛藤があまりにも小さく感じられたり、小さなことで悩んでいる自分自身を第三者の立場で見ることができて、新たな勇気を得ることができるかもしれません。

ナイヤガラの滝を見ると創造主である神を感じると聞いたことがありますが、天体観測も同じような効果があるのではないでしょうか?

自分の力ではどうすることもできない何かが存在すると認めた上で、自分ができることは何かを探し出す新たな力を得ることができる気がします。

土星の輪の観測方法

土星というのは日没に南側の方向に出ているのが特徴です。まずは天体望遠鏡を土星がある方角に合わせましょう

土星の特徴は、大きな輪が見えることなのですが、輪がきれいに見えるようにするためには、倍率をしっかりと合わせることが重要です。

7センチから10センチクラスであれば100倍から150倍が適しており、20センチクラスであれば300倍がよいでしょう。

月の観測方法

月は比較的観察しやすくなっています。なぜなら肉眼でもはっきりと見えるので、月の方向に天体望遠鏡を合わせておけば、しっかりと観察できるでしょう。

重要なのはどのような形の月が見たいのかという点です。

多くの人は満月のときに見たいと思うので、満月のときを調べて観測するのがよいでしょう。

比較的低倍率でもきれいに観測できるので、初心者向きです。

太陽の観測方法 

太陽を観測する場合には、注意するべきことがあります。一般的な観測方法で天体望遠鏡をのぞくと、眩しさで目を痛めてしまいます

場合によっては失明ということにもなりかねませんので、必ず投映法と呼ばれている方法を用いるのが一般的です。

昔はサングラスや偏光グラスを使った方法もありましたが、やはり安全を考えると、投映法が最適でしょう。

理科での観測方法

理科の授業で天体観測をすることもあるでしょうが、どのような方法で観察することが多いのでしょうか。

もちろん授業中は昼間なので、直接観察するのは難しくなっています。

そのため、夏休みの宿題で自由研究として天体観測を行うことが多いでしょう。

できれば星座早見表を使って観察すると、星の種類がしっかりとわかるのでおすすめできます。